ページトップ ページトップ
キーワードでニュースを探す

多世界解釈による確率導出は、ボルンの規則を前提としており循環論法とみなされている。このツイートでは多世界解釈で確率を導出するアイデアを提示す…

記事本文を見る

リアルタイムツイート

  • @bunacuss 回答は以上となりますが、いかがでしょうか? ご参考として多世界解釈におけるボルンの規則の導出方法を紹介します。 多世界解釈における確率導出はボルンの規則を前提としており循環論法だが、どうすればよいだろうか? togetter.com/li/1585703

  • 和田純夫氏の確率導出方法をまとめに追記しました。 多世界解釈における確率導出はボルンの規則を前提としており循環論法だが、どうすればよいだろうか? - Togetter togetter.com/li/1585703 @togetter_jpより

  • ここまでの内容をtogetterにまとめてみました。ただ、次のような疑問がまだ残っています。 ・経路積分で遠くへ移動しないのか? ・スピンはどのように表現するのか? 「多世界解釈における確率導出はボルンの規則を前提としており循環… twitter.com/i/web/status/1…

  • @LXtL49Ld6oK3G5Y 私は頻度主義を採用せずに確率を導出することは不可能だと考えています。そのため私は頻度主義を採用し次のページで量子力学の確率を説明しています。 仲さんは、頻度主義を採用しない場合の確率導出方法を知… twitter.com/i/web/status/1…

    関連まとめ

    話題の画像(一般アカウント)
    親になってからクレヨンしんちゃんを観てみると、ネネちゃんのママは子供の前では感情的にならずにストレスを管理し見えないところでうまく発散しているという点で、実は極めて優れたアンガーマネジメントの実践者なのではないかと思うようになりました pic.twitter.com/3NmA7eXUX7
    1992年のきょう『龍虎の拳』がMVSで稼働したのだとか。龍虎乱舞!! pic.twitter.com/jGniTxrop1

    画像ランキング(一般アカウント)を見る

    画像ランキング(総合)を見る

    • ツイートする
    • Facebookでいいね!する
    • Push通知