ページトップ
キーワードで画像を探す

ご当地ネタ 新着画像

台北駅の地下街で「日本物産」という文字につられて行ってみたら、並んでる商品の半分以上が得体の知れない「薄い本」だったことをご報告申し上げます。 pic.twitter.com/fytAkq0gd0
富山県にある水平歩道。大正9年にダムを作る為の調査道として開通し、断崖絶壁に約13kmにわたって続いている。黒部の雄大な自然を目の前にしたら、人はちっぽけな存在であると理解すると同時に、こんなにも人は立ち向かう事が出来る存在なのかと人間の可能性を感じる事が出来る歴史ある道でした。 pic.twitter.com/bYTADZOj9c

このやさしい光の時間、北極圏では夕暮れと朝の薄明の時間がとても長いのです。太陽が地平線にそって移動するためです。 pic.twitter.com/Ui1rxBPjjw
あたまを雲の上に出し 四方(しほう)の山を見おろして かみなりさまを下にきく ふじは日本一の山 青空高くそびえたち からだに雪のきものきて かすみのすそを遠くひく ふじは日本一の山 pic.twitter.com/1BNMscpxT6
ブルックス山脈にて。ライチョウと何か動物の足跡。 pic.twitter.com/kJ6WPqxlo7
残照のブルックス山脈(アラスカ)。一瞬の夢のような天空の光が全てを包みます。 ここへ導いてくれた全てに感謝。 pic.twitter.com/sPmJRjjCqj
  • ツイートする
  • Facebookでいいね!する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加