ページトップ
キーワードの反響を見る

「#devaxconnect」反響ツイート

  • サーバーレスが気になる開発者に捧ぐ、「べき等性」ことはじめ〜第一回 べき等性(冪等性/idempotency) ってなんだ!? #devaxconnect aws.amazon.com/jp/builders-fl… #AWSウェブマガジン

  • へー。 SNSはイベントを取り逃した時に気付けないけど、 SQSはデッドレターキューがあるので気付ける なので、SNS→SQSに投げることで信頼性を高める、という使い方があるのか。 なるほどなー。 #devaxconnect

  • キューで保管してリトライ出来る様に、SNSで複数のサブスクライバーにファンアウトし、再度キューに入れてリトライ可能にしている。 #devaxconnect

  • 信頼性を高めるためにSQSを配置。Lambdaが失敗するケースに備えて。 #devaxconnect

  • 「モデリングは静的なものとして捉えない」 わかりみ コードをあとから変更できるように書いておくのはそうだけど、それ以外に例えばCI/CDを整備するとかして、コード以外のアプローチで変更容易性を高めていくの大事よね。 #devaxconnect

  • DDDはガチガチにしないとダメだと思ってた、設計フェーズから。#devaxconnect

  • サービスの分割は組織や、それを開発運用するチームの自律性や俊敏生を意図したものなのね。 #devaxconnect

  • モデルがビジネスに対して正しくマッピングされていることが重要=モデリングは静的なものではない #devaxconnect

  • チームが小さい(少ない)時は、無理にマイクロサービス化しないほうがいい(1つのチームでたくさんのサービスをメンテすることになるので)のではとのこと。 #devaxconnect

  • お話を聞く前は、実際にがっつりコード書いて開発しているエンジニアでないと、難しすぎるかな?と怯えていましたが、サーバーレス開発初級者でも理解できました。動画や資料が公開されたら、これからサーバレス開発者を目指す人にこそ見てほしい。 #devaxconnect

  • イベント駆動アーキテクチャは、SQSとSNSとEventBridgeを使えば最強、という話だった。 #devaxconnect

  • ドキュメントや技術書を読んでわからなかった単語の意味がやっと腑に落ちました。しかも実現できるAWSサービスや構成も紹介いただいたので、すぐトライしてみようと思えました。 #devaxconnect

  • 福井さんいつもわかりやすいけど今回もとてもわかりやすかった #devaxconnect

  • 前半のAWSに依存しないイベント駆動アーキテクチャのお話、後半のAWSの設計パターンのお話、どちらも勉強になりました。 #devaxconnect

  • Serverless Lensを使って、W-Aに適応しているかチェックできる。ふむふむ。 #devaxconnect

  • 最近自分でハンズオン 資料作らんと理解できない身体になってしもたなぁ。 深堀りせねば。 #devaxconnect

  • 個々の用語は難しかったけど、なんとなく分かった気がする! #devaxconnect

  • そのうちノーコードの流れで、terraformだけ書けばアプリケーションができる、みたいなのもありそう(HCLはプログラミング言語じゃないと言い張れば #devaxconnect

  • さっきSNSの後ろにSQSが構えているようなアーキテクチャ図があったんだけど、あれはどういう時に有用なんだろう… (両者の違いがあまり分かっていない) #devaxconnect

  • Event Bridgeあんまりわかってないなあ。SaaSとの連携すごい。 webhookやポーリング要らないのか。 #devaxconnect

  • EventBridgeすごいな。115個のサービスからのイベントに対応してるのか。使ったことあるのそのうちいくつだろうw #devaxconnect

  • 「EventBridgeは115を超えるAWSサービスに対応」 「24を超えるSaaS統合」 ワイ「しゅごい」 #devaxconnect

  • EventBridgeつかったことないなー。どんなもんなんやろ。 #devaxconnect

  • SNS、メッセージフィルタリングで不要メッセージを落とそう! 結構、まんま投げてしまって 後ろの Lambda で絞ってること多いなぁ。SNSの機能もうまく使おう。 #devaxconnect pic.twitter.com/7CSqAWBW4j

  • そしてEventBrigeの宣伝w さっきから「シンプルでフルマネージドでフレキシブルなサービス」をすごい強調してるw #devaxconnect

  • っていうか知らないうちにSNSにもFIFOついてたのね。 知らなんだ。 #devaxconnect

  • #devaxconnect S3ってイベント発火漏れがある認識なんだけど、S3イベント起因のアーキテクチャの場合どう対応するんだろ。

  • SQSは1時間で25億メッセージ捌いてた。(Amazon Black Monday、Amazon Cyber Monday) #devaxconnect

  • SNSってモバイルのプッシュ通知でしか使ったことなかったなぁ #devaxconnect

  • ここでSQSの宣伝w amazon.comでは25billionメッセージ/sec処理ししているんですって奥さん! #devaxconnect

  • SQSのstandardとFIFOの使い分け、ちゃんと理解せねば #devaxconnect

  • SQSを最初期にリリースしたAmazonはスゴイ。 #devaxconnect

  • Amazonだと25億メッセージ/時も使ってるのかw SQSすげぇ #devaxconnect

  • 順序セマンティクス 順序を制御したい場合は、 Kinesis SQS FIFO SNS FIFOを使う。 #devaxconnect

  • メッセージの順序セマンティクスを意識するのも大事。 メッセージが順序保証あるか、ないか、というところ #devaxconnect

  • 配信セマンティクス、 Exactly-once AWSに配信識別子を渡すことで重複排除 #devaxconnect

  • AWSに強くなる と 良いアーキテクトになる はイコールとは言わないけど密結合な気がする #devaxconnect

  • 順序セマンティクスってのもあるのか……色々考えないとあかんなー #devaxconnect

  • At-least once配信は、同じメッセージが複数回配信される可能性があるパターン。 AWSだと、Event Bridge、SNS、SQSなどがそう。 #devaxconnect

  • イベント駆動は配信セマンティクスを意識する必要がある。 * At-least once配信 * Exactly-once配信 #devaxconnect

  • 配信セマンティクスを意識! ほとんどの場合は、At-least once. 二重処理しても良いよう、冪等性を担保するロジックを用意しましょう。 #devaxconnect pic.twitter.com/AxkHTtGK4W

  • At-least oneceは設計が悩ましくなるポイントでよい実装をしりたい #devaxconnect

  • 配信セマンティクス、 Al-least onceでは、ターゲットに複数回配信される可能性があるので、冪等性の担保は自分自身で行う。 #devaxconnect

  • イベントドリブンアーキテクチャ、理解含めるために設計、構築したいけど、自社サービスやってる会社だとそんなに機会ない気がするんだよなあ。 CIerとかのが経験詰めそうなのはそういうところ。 #devaxconnect

  • FIFOでそのままイベント処理してだいじょぶなんかな。ちゃんと時系列も見ればだいじょぶか #devaxconnect

  • コマンドクエリ責務分離は、データを更新するコマンド と参照するクエリを分離するパターン #devaxconnect

  • イベントソーシングパターン=データストアを直接更新しない、イベントログに出す #devaxconnect

  • 結果整合で良いように設計するのが肝なのかなーと思う。ここへの考え方のシフトがなかなか難しいし、嫌がられる。 #devaxconnect pic.twitter.com/07DYSImcY8

  • ほほー、DynamoDBのPutイベントでLambda起動からのRDB格納かなるほどー #devaxconnect

  • Kinesis Data Streamsで複数データソースに書き出すってのもCQRSなんだ #devaxconnect

  • EventBridgeの使いどころに関して少し理解が進んだ #devaxconnect

  • コレオグラフィーをAWSでやる場合は、 SNS→各サービスのSQS→Lambda Amazon EventBridge → 各Lambda という感じ #devaxconnect

  • コレオグラフィーは、最初に一つのメッセージに保存して、各サービスはそのメッセージを非同期に取得してタスクを完了する #devaxconnect

  • CQRSはなんか色んなとこで名前出てくるなー #devaxconnect

  • Lambdaは小さくする。起動も早くなる。はい。 #devaxconnect

  • コレオグラフィーパターン ① SNS→SQS→Lambda ② EventBridge→Lambda達 #devaxconnect

  • マイクロサービスにおいて自立したサービスが責務をもって処理するのがコレオグラフィ 関連サービスを個々に呼び出していくのはオーケストレーション(対比で使われる) #devaxconnect

  • イベントルーターを間に挟むことで、 プロデューサーはpublish、コンシューマーはsubscribeと相手のことを気にしなくて良くなる。(疎結合) 非同期処理によってレイテンシーをある程度まで抑えられる。(一定にできる) #devaxconnect

  • TLに出てきてイベントの存在に気づいた。再放送してほしい....とりあえず途中参加。 #devaxconnect

  • LambdaのSQSトリガーはもっと早く欲しかった人。 #devaxconnect

  • あー、EventBridgeかぁ。そんなに全部まとめられるんだなEventBridge。使ってみたい #devaxconnect

  • イベント駆動デザインパターン * コレオグラフィー * コマンドクエリ責務分離 * イベントソーシングパターン #devaxconnect

  • このイベントルーターって考え方、そういえばLambdaでWebhook用のエンドポイントいっぱい作ってた時に、これ一箇所でまとめて適当に振り分けたいなーとか思ってたのと同じかも #devaxconnect

  • イベントストアって考え方も初めて知った。良さそう #devaxconnect

  • プロデューサーもコンシューマーも相手を知らなくてよくなる、イベントの選択ができる、フィルタリング #devaxconnect

  • 一見マイクロサービスに見えても、処理がそれぞれつながっていたらモノリス #devaxconnect

  • 密結合だと、エラーハンドリングが大変。う、胃が痛い。 #devaxconnect

    「#devaxconnect」Twitter関連ワード

    話題の画像
    お耳ぴろぴろを後ろから撮ることに成功しました…これは大変価値のある映像資料なので世界に共有したいと思います pic.twitter.com/rRlKUHQT9j
    Googleマップで徒歩の所要時間見てたんだけど、移動にかかる時間が日単位になると急に装備が「攻めの徒歩」になるの好き pic.twitter.com/w52RaoLTPX

    画像ランキングを見る

    • ツイートする
    • Facebookでいいね!する
    • Push通知