ページトップ
キーワードの反響を見る

ネコ 新着画像

ミケちゃん「お外に出れなくて運動不足のフォロワーさんも多いと思うからお家で一緒にフミフミエクササイズしようね〜🎵 リズムに乗って手首を柔らかく、呼吸を止めないのがポイントよ〜。はいイッチニッ、イッチニッ(*^^*)」 pic.twitter.com/vlXNgA7GC4

「#子ども科学電話相談」反響ツイート

  • こういうのは夕方にモグタンから教わったもんです #子ども科学電話相談

  • #子ども科学電話相談 自然科学だと「どうしてこうなったのか」が説明できないことがままあるけど、人為的な営みであるところの鉄道ジャンルだと「それは妥協したからだよ」「予算がね……」で説明できることが多々あり、回答しやすいといえば回答しやすいのかもしれない

  • 追加質問も関連の疑問と全く別の疑問があるから難しいのよな。 説明聞いた中で起こる疑問は解決しないと元の疑問を解決して事にもならんし。 するっと差し込める子ならうまくいくけど、丁寧に追加質問みたいに言っちゃうと別枠になっちゃう。 #子ども科学電話相談

  • アキリせんせ 「リンゴも 食べてる部分は花托(かたく)という部分で、 イチゴもリンゴも わたしたちが実だと思って食べてる部分が花托」 #子ども科学電話相談

  • #子ども科学電話相談 電話出演とらじるらじるを経由すると、アキリ先生の声が小林先生に聞こえる。

  • アキリせんせ 「オジギソウは 身を守るために 葉を閉じる」 #子ども科学電話相談

  • 「○○ってわかるかな?」アキリ先生、初期の藤田先生みたいになってるぞ!(おもしろい #子ども科学電話相談

  • #子ども科学電話相談 RT 鍵: 鉄道の動力は当初は馬や人力。蒸気機関車発明までは主な動力は重力だった。つまり高いところからトロッコ(貨車)を転がすだけ。しかし空の貨車をまた高いところに戻すのはかなり非効率だった

  • 今日はご出演されていないのに、 修ちゃん先生の気配を時々感じる本日。 #子ども科学電話相談

  • 葉がしぼむことで美味しそうに見えなくなる 茎にある棘に近いところに葉を移動させる 食べられることを避けるための仕組みだったのか #子ども科学電話相談

  • #子ども科学電話相談 RT 鍵: やがてニューコメン式蒸気機関の発明で、定置式蒸気動力が発明された。つまり、固定された蒸気機関から長いロープを貨車にくくりつけ、スロープを使って貨車を運ぶということが行われ始めた。だが、これもロープをくくりつける関係上長大な距離は不向き

  • オジギソウ、触られることで葉枕の水が抜けてお辞儀したようになる。 #子ども科学電話相談

  • 水を入れて膨らませて支えているが、さわるとしぼんで葉が閉じる #子ども科学電話相談

  • #子ども科学電話相談 RT 鍵: そこで、産業革命初期は積み荷の大きな移動手段は船運。イギリス内陸では沢山の運河が作られたが、これも深い掘割を作るのは大量の労働者が必要で夏は渇水の恐れ、冬は凍結の恐れがあるなんとも不安定なものだった

  • アキリ植物先生の説明用語の一部あらぬ方向に拡大解釈されて子どもに見せられなくなっているTL。 健全に行きましょうね健全に。 #子ども科学電話相談

  • とはいえ滅多に使わないので普段の予測変換で邪魔するパターンになりそうなw #子ども科学電話相談 twitter.com/pa55gu/status/…

  • #子ども科学電話相談 一つの文章内で意味がことなる「わかる」がでてくるから、聞いているだけだと理解が難しいよね

  • アキリせんせ 「オジギソウには 付け根に ぷくっと膨らんでいるところがある。 難しい言葉で ヨウチン 葉っぱの枕と書いて 葉枕 ようちん」 #子ども科学電話相談 pic.twitter.com/NfHapK9OBX

  • #子ども科学電話相談 植物が「触らてれていると分かる」というのはどうやってわかるのか。 動物には神経があって、電気信号をつかってが出てわかる(解明されている)。 オギギソウにも電気信号が出て触られていると分かる、ということがわかって(解明されて)いる。

  • 小学生の頃オジギソウを見つけてきた子がいてオジギソウがアイドル状態になったことあったなあ #子ども科学電話相談

  • オジギソウの歯を触ると電気が起きる 葉の根本に膨らんだところがある(葉枕ようちん)そこに水が溜まっている 触られると葉枕の下部の水が抜けて上部に移る 下から支えていた部分がしぼむので葉が垂れ下がる #子ども科学電話相談

  • 人間どうしも触れ合った瞬間にビビっとくることがあります ビビビ婚(古ッ)を思い出しました #子ども科学電話相談

  • 園芸屋さんでオジギソウの葉っぱの先端を見つめるキッズ&大きなおともだち達 #子ども科学電話相談

  • 「触られて感じる」をアキリ先生のイケボで聞くと、 心がざわざわするダメな大きなお友だちです。 #子ども科学電話相談

  • オジギソウあまんり触るとヘトヘトになっちゃうんだって #子ども科学電話相談

  • ゴムのタイヤが出だしたの、19世紀の半ばくらいだったのね。 #子ども科学電話相談

  • 鉄道黎明期、そもそも舗装道路も今のような自動車もない。 #子ども科学電話相談

  • ぼくはなおみお姉さんが印象深いな……。 組み合わせがわからなくなるんですよね、あれ……。 #子ども科学電話相談 twitter.com/nonko_18_mk/st…

  • 鉄道ができた当時は自動車がない 当時の道路は舗装されていないところがほとんどで人が押すのも大変 ゴムタイヤもまだできていない 19世紀中半から後半にどれだけ発展したか考えるとすごいなぁ #子ども科学電話相談

  • 配信で #子ども科学電話相談 聴いてて鉄道天気ガチ勢キッズになごむ…精神衛生上大変望ましい\(^o^)/

  • 当時の道路は石畳はあったが、舗装されてないところがほとんど。 #子ども科学電話相談

  • 当たり前にあるものがなかった時代を想像するのはなかなかむずかしい #子ども科学電話相談

  • #子ども科学電話相談 今なら自動車がありますが、自動車がなくても人間や馬車が荷物を引いたらいいじゃないか、と思うかもしれません。でも今のようにアスファルトは敷かれていなくて、馬車が舗装されてない道を走ると抵抗が大きくて、重くなって走りにくかったんです

  • 馬車や人力トロッコだとみんな疲れちゃうからなあ。 #子ども科学電話相談

  • 手押しのトロッコはずっと昔からあった (奴隷を連想する大きなおともだち #子ども科学電話相談

  • トロッコ。インディ・ジョーンズでよく乗ってるイメージ #子ども科学電話相談

  • 梅原せんせ 「世界で一番初めに鉄道がつくられたのは 18世紀ごろのイギリス」 #子ども科学電話相談

  • #子ども科学電話相談 レール敷いてその上を馬車やトロッコが走るものは産業革命以前、18世紀中頃から、鉱山や鉄鉱石輸送用に導入されていた

  • 本を調べても調べても、なんで鉄道が作られたか分からなかったから…(´・ω・`)ショボーン #子ども科学電話相談

  • 川上鳥先生の「だいたいわかったぁ?」の影響か、最近いろんな先生から「だいたいわかりますか?」と質問を〆ることが増えた気がする。 #子ども科学電話相談

  • レールを敷いて走らせるというものはもっと前からあった レールを敷いて馬が車両をひいたり人が押したり。鉱山で使われた。 #子ども科学電話相談

  • おお、、本質的な質問!こういう疑問を持てるボーイはすごいな!! #子ども科学電話相談

  • どうして鉄道が出来たのかの質問で どうして疑問に思ったのかに対して 「本で調べても載ってなかったから」。 #子ども科学電話相談

  • 日本は海に囲まれて、温帯で四季があるため天気が変わりやすい。 太陽の熱で海から蒸気が上空へ行き、冷やされ雲になり雨となる。 南米チリでは15年間雨が降らなかった記録がある。 #子ども科学電話相談 pic.twitter.com/zQp4BxyZKZ

  • いくら本を読んでも書いていなかった、とのこと。確かにそれは大人向け、趣味の本というより専門書の領域かなぁ。 #子ども科学電話相談

  • #子ども科学電話相談 だけど、遠い向こうを知らなくちゃいけない。僕たちはこれからなんだ。

  • 小学1年生の男の子「どうして鉄道が作られたのですか、調べても調べてもわかりませんでした。」 字が読めるんだ。すごいな、まだ小学校始まっていないでしょ。 #子ども科学電話相談

    「#子ども科学電話相談」Twitter関連ワード

    話題の画像
    この間の配信で「ピクシブで500件しかないマイナーカプなんですけど…」てメッセージ読んだ時コメント爆速で荒れてわろたな~(数は魔物) pic.twitter.com/kGZIsvSlxp

    画像ランキングを見る

    ご当地ネタ | 新着画像
    風除室って知ってるよね風除室?関東の人たちにこの写真見せたらなにこれ?って笑われたんだけどwww pic.twitter.com/mFzUHKsQrB
    人の移動が急に減って、途方にくれております。イルカには感染しないようですが、人間社会がはやく落ち着いてまたご乗車いただけることを祈っております。 pic.twitter.com/BMGAKNXrmu
    • ツイートする
    • Facebookでいいね!する
    • Push通知