ページトップ
キーワードの反響を見る

イヌ 新着画像

オヤツあげてる途中、頭から猫ニョッキ写真撮れるやつだ!って気づいてカメラ向けてたら表情曇ったのでカメラやめてオヤツあげました。ごめんて pic.twitter.com/CF7WQsdSQ7

「患者 X 医師」反響ツイート

  • @mirailist お父様もパニックを起こされたのでしょうね… 目の前で精神科医の女医が理解しがたい対応をしており、目の前には大人になった息子がいて… 精神科の医師は余程メンタルが頑強にできていなければ自分自身にも患者と同じ薬を… twitter.com/i/web/status/1…

  • スッキリでやってるペイハラって医師だけじゃなくて看護師も事務もうけてると思う 医師の前では大人しくなる患者さんもいるし 体重量って160㎏ですーって言ったら「このTシャツ着れてるから160㎏もない!」ってキレられたことあったなー 知らねーよってなったけど

  • 患者家族への病状説明を「平日は仕事だから行けない」と言われて、休日丸々潰れる事とか日常茶飯事なんだけどあれもどうにかならないのか。患者家族が休みの日は医師も休みなんだよ本当は。

  • どっかの某歯科医院じゃ 免許すらない助手に 支台形成させてるらしいけど 助手はあくまでドクターの助手 衛生士とは違うし 患者に触れたらアウト 医師免許持ってない奴が 体にメス入れんのと同じじゃん それってかなり怖くない? 医院の信用なくなるわ させるほうも悪いけど。

  • 患者と秘密裏に交際を続けていた男性医師が自ら彼女の抜釘術を執刀した所、覚醒時に朦朧とした患者が医師の名前と共に「ありがとう、大好き♡」と呟いた一言でオペ室の空気が一瞬にして凍りつき、そのエピソードが光の速さで院内に拡散したという症例が、私が知りうる最も悲惨な全身麻酔の合併症です。

  • このパターンよくあります 患者「黒い便が出てふらつきます😖」 医師「何か薬は飲んでましたか?」 患者「胃痛が酷く、痛み止めを毎日飲んでました」 医師「何と言うお薬ですか?」 患者「ロキソニンとかいう・・」 ・・胃潰瘍多発。 胃… twitter.com/i/web/status/1…

  • 先週の吐血患者 医師「何か薬は飲まれてますか?」 患者「いえ特に」 医師「市販薬も?」 患者「市販薬は腰の痛み止めだけ」 医師「何という薬?」 患者「ロキソニンSを1日8-9錠」 医師「❗️」 患者「早く効くと思って・・」 ・… twitter.com/i/web/status/1…

  • チンパンジートラックの例えはよく聞くけど。 オペ室に居た医者然とした奴が実はズブの素人で、しかも医師免許を偽造してたくらいの話なんやけどな。患者が居ようが、そんなやつはオペ室から叩き出して、医者3年目の外科レジくらいでもとりあえ… twitter.com/i/web/status/1…

  • 最近ドヤ顔でこういうことを宣う人が増えた印象を受けるので医師として注意喚起させてもらいます。結論から言うと、三次救急(重症)も担っている病院でこういうことを言うと患者さん自身が不利益を被る可能性が高いです。次で解説します。 twitter.com/Massivebleedin…

  • 「風邪にはXX(商品名)」とか「早く効く」とか誤解させるようなCMあるから「薬飲んだら風邪治るだろう」って思いこんでも仕方ないですよね。結果、各診療所で「風邪治して」って医師に無茶振りする患者が。

  • headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-… "緩和ケアというと「余命宣告を受けているがん患者が対象」という印象を抱いている人が多い。しかし実際は違う。田中医師の言葉通り「がんになったら、最初から」なのだ"

  • @t2PrW6hArJWQR5S 一所懸命に患者を助けようとしている医師からしますと、この発言は看過できません。 助からないとわかって投与しているとは、侮辱にも程があります。 そこまで言われるなら ・欧米で余った抗がん剤を買… twitter.com/i/web/status/1…

  • コンサータを飲んでいる方に超重要なお知らせです。 今年の12月からコンサータの処方管理が厳格化され、登録医師でも患者に処方できなくなる可能性があります😭 現時点での情報をまとめてみました☘ #コンサータ #図解チャレンジ pic.twitter.com/wh80BRILks

  • シモンチーニという人は、重曹を患者に注射し、死に至らしめて医師免許を剥奪された「元」医師。普段、反社会的人物を徹底的に糾弾するくせに、金さえ出せばこのような人物の本を臆面もなく誌面に出してしまうのだから驚きます。 twitter.com/katsumata_nori…

  • #とある高齢肺炎患者 患者「抗生剤で一度効いたんだが、また咳が・・💦」 医師「どんな抗生剤をもらいましたか?」 患者「確かクラ・・」 医師「クラビット!?」 患者「それです」 医師「痰培養をしましょう」 ・・肺結核。。肺炎治療… twitter.com/i/web/status/1…

  • また長文になりそうだけど。 患者さんを支援していて感じることがあります。 「ご家族や医療者と話せてないんだな」 家族には心的負担をかけたくない 医師には不機嫌になられたくないなど理由はいろいろ

  • 例えば先ほど私は家族や医師に自分の思いを伝えられていない患者さんにACPというプロセスがあるよということを伝えてると書きましたが、そういうときに渡す資材の表紙がどんなものが患者さんにとって受け止めやすいやろう。

  • だから私は家族間で話をした方がいいな、医師にも入ってもらった方がいいなというときはACPというプロセスがあるんだよ、その方があなたにも、家族にもメリットはないかしら?と伝えてます。 どう切り出すといいかしらねとか作戦会議を患者さんとしたりもします。

  • 医師が最新医療について広報活動する際は、医師個人にとってメリットはほとんどないんですよ! 例えば灌流保存がいくら流行っても私にキックバックも全くない!他の医師に比べ給料の上乗せもない! でも何とかして助けたい患者がいるから、時間作って活動しているわけで。

  • @trout44845831 @0814JSM 自信満々で間違えた治療をしてプライドから訂正できない医師 病気が当たり外れで良くも悪くもなるなんて怖すぎます 自分の考える治療でなく、患者を考える治療をして欲しいです

    患者」Twitter関連ワード

    • ツイートする
    • Facebookでいいね!する
    • Push通知