ページトップ
キーワードの反響を見る

ご当地ネタ 新着画像

台北駅の地下街で「日本物産」という文字につられて行ってみたら、並んでる商品の半分以上が得体の知れない「薄い本」だったことをご報告申し上げます。 pic.twitter.com/fytAkq0gd0
富山県にある水平歩道。大正9年にダムを作る為の調査道として開通し、断崖絶壁に約13kmにわたって続いている。黒部の雄大な自然を目の前にしたら、人はちっぽけな存在であると理解すると同時に、こんなにも人は立ち向かう事が出来る存在なのかと人間の可能性を感じる事が出来る歴史ある道でした。 pic.twitter.com/bYTADZOj9c

「#naricurry2018 X クロスワード」反響ツイート

  • 《ここまでのあらすじ》クロスワードの答えを見て、「昆虫辞典」を調べれば良いのではないかと気づいた4人。本の雪崩に襲われ、頭にたんこぶを作りながら、求めていたページを見つける。そこにあったのは、人に寄生して操る、恐ろしい昆虫の説明だった。 #naricurry2018

  • 《ここまでのあらすじ》4人は力を合わせてなんとかクロスワードを解く。クロスワードのキーワードをつなぎ合わせると、「こんちゆう」昆虫のように読みとれた。なぜ昆虫? と首をひねる4人。 #naricurry2018

  • 《ここまでのあらすじ》4人は協力してクロスワードパズルを解いていく。喜多川の足りない知識を有里が補い、有里にない発想を喜多川が担う。2人の間に絆の力の芽生えを感じる… #naricurry2018

  • 《ここまでのあらすじ》ローテーブルを見ると、テーブルの上には紙とリモコンがあった。紙を見てみると、なんとクロスワードパズルだった。奇妙に思いながらも、4人はパズルを解こうと奮闘する。 #naricurry2018

  • #naricurry2018 クロスワードとか、謎解きとか?得意じゃないんだよなぁ。

  • ここにきてクロスワードを解く事になるとはな。 #naricurry2018

    #naricurry2018」Twitter関連ワード

    クロスワード
    話題の画像
    主人公以外のキャラからも教わる事あったなぁ...という魅力的問題 pic.twitter.com/xgZpZEgJ7z
    週1回1皿10円でたこ焼きを売ってるげんこつおじさん、名前の由来は拳骨箱で、握りしめたお金を箱の中で支払うルールらしい。この箱、お金を持ってない子も払ったふりをして皆と食べられるようタオルを入れてあり、「どんな境遇の子もたこ焼きで笑顔にしたい」って。ずっと記憶に残る優しい味がしそう… pic.twitter.com/2Zl9pmbXze

    画像ランキングを見る

    • ツイートする
    • Facebookでいいね!する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Push通知