ページトップ
キーワードでツイートを探す

東京新聞の望月記者は「会見とは国民に成り代わって、記者が政府への疑問や疑念をぶつける場」という。しかし国民の誰かが、彼ら記者に「成り代わり」を頼んだのであろう。彼らは勝手に記者稼業をして勝手に会見へ行っただけだ。「国民の代表」を気取りするとは、まさに思い上がり、恥知らずである。

プロフィール

大陸・蜀の国から日ノ本の国に流れてきて、そのまま日本人となった大阪おっさん
フォロワー数:322997

コメントツイート

  • 記者達が勝手に「自分達が国民の上に立ち啓蒙していく」と思った傲慢さが今の偏向捏造報道を生み出している。 twitter.com/liyonyon/statu…

  • 国民代表で質問するとするなら、記者会見に出る記者も選挙で決めないと。 twitter.com/liyonyon/statu…

  • @liyonyon @japan1967_optec 日本国民のほとんどは 望月記者を国民の代表なんて思っていません!逆にあんな無意味な発言を何回もヒステリックに繰り返す記者に 毎回発言権を与えている事自体がおかしいと思っています!

  • @liyonyon しかも政治部じゃない、社会部記者が満足な知識も無く週刊誌のヨタ記事をもとに官房長官に食い下がってる。東京新聞も情けないと思わないのか?

  • @liyonyon ああいった人がいるから日本はいい国なんです。

  • @liyonyon 問題はその代弁と称するものを止める術が我々国民に無いことです。自由勝手に質問し、恣意的に世論誘導する。これが議員であれば選挙を通じて落選させることができますが、それが出来ない。ただ、このまま彼等の奔放を許すわけにはいきません。規制が必要です。

  • @liyonyon あんたしか正しいね!あんたさえ中国共産党のスパイじゃないの?

  • @liyonyon 国民の意見だと主張しているのが、今の反安倍の方々ですね それを当たり前のように報道すりメディアも同罪です 正しい日本の未来の道筋を阻止しようとする人たちは 本当に日本の事を真剣に考えているのでしょうか…

    • ツイートする
    • Facebookでいいね!する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Push通知